取引先と付き合うときの3つのルール

地雷クライアントやモンスター業者との取引を避けるために、守らなければならない3つのルールがあります。

ルール1:「安さ」よりも「質」を求める相手と付き合え

品質主義です。これは、少しでも安く値切って最大の利益を得ようとする業者とは付き合うな、ということです。

値切って値切って、少しでも安くしようとする取引先と付きあおうとすると、交渉にムダな労力を割くことになり、こちらが作った成果にあれやこれやと文句をつけてくるでしょう。たいてい関係性が悪化して、フラストレーションをかかえて二度と取り引きしないと思います。
品質の高い成果には、相応の報酬が必要だということをしっかり理解されている相手と付き合うこと。これが理解できている取引先なら、不当な値下げもないでしょうし、こちらも作業のやりがいがあるというものです。

ルール2:「時間」よりも「成果」で評価する相手と付き合え

成果主義です。依頼されていた作業が短時間で終わったから時間がかからなかった分を値引いて安い報酬しか払わないという「時給思考」が蔓延している相手なら、取り引きをすぐにやめたほうがいいです。
当初予定よりも短時間で終わったということは、短時間で同等の成果を得られるのだから、時間的価値を考慮すればむしろ報酬は上がらなければおかしいのです。これは「割引現在価値」の考え方です。

日本はなんでも時給ベースで考えてしまうクセがあるので、一度時間的価値というものを取引先に説明してみる必要があるでしょう。

ルール3:「人任せ」よりも「協力」して問題解決する相手と付き合え

協働主義といいます。たとえ請負契約であっても、協力する姿勢を一切見せず、金払うんだからあとは知らんというような相手とは取り引きすべきではありません。

必要なことがあれば協力する、という姿勢から信頼関係が生まれるし、協力して先に進めるからトータルの作業時間が短縮できて、さらにいい仕事ができるというものです。

仕事を依頼するほうも依頼されるほうも、お互いに協力を惜しまない姿勢がないと、その仕事は成功しません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です