東京オリンピックにみるダメ上司

まだ何も始まっていないのに、ここまで揉めて大炎上するとは誰が予想しただろうか。

まず、オリンピックスタジアムである新国立競技場。当初予算1300億円が、なんだかんだやってるうちにほぼ倍額の2520億円まで膨れ上がった。

プロジェクトに例えてみれば、お客さんが「1億円でやってくれ!」って言ってるのに、プロジェクトリーダーが「なんだかんだ見積もってたら2億円になっちゃいました!アハハーーー!!」って言ってるようなものである。こんなプロジェクトリーダーは普通クビじゃないだろうか。

オリンピックに話を戻すと、五輪組織委員会の森喜朗元首相は「2520億円くらいなんで払えないんだよ(怒)」って逆ギレしてるし、文部科学省のトップである下村博文大臣は「俺知ーーらね」とでも言わんばかりの態度。日本スポーツ振興センターは旧国立競技場の改修を提案していたのを、文部科学省から「新しくしろ!」と言われてやらされてる感満載。

プロジェクトに話を戻すと、プロジェクトオーナーである偉い人は、予算が倍になるとわかってて「俺知ーーーらね!」って言っている。プロジェクリーダーは完全にハシゴを外された。軽く涙目になりながら、プロジェクトの利害関係者である重鎮に相談したら、「1億だろうが2億だろうが大差ねーだろが。客も使えねぇなぁ!!(怒)」と言っていて何の解決にもならなかった、ちゃんちゃん。

これで客が怒ってプロジェクトは白紙撤回に。一からやり直し。そして見積もり直して「1億円って言われたから1億円でやりまーーーーす!」。もうため息しか出ない。

これで終わりかと思ったら次の問題が。

日本人の有名デザイナーがデザインした東京オリンピックのエムブレムが、どうも海外のデザイナーのパクリっぽいのだ。海外のデザイナーに指摘されて発覚した。しかもおそろしいほど酷似している。その日本人デザイナーは、ツイッターアカウントを閉鎖し、Facebookアカウントも止め、デザイン事務所のホームページは見れない状態に。完全逃亡を図っている。

例えるなら、プロジェクトの提案書がほかのお客さんに出した提案書のパクリみたいなのだ。「バレたーー!」と思って逃げたプロジェクトリーダー。残されたプロジェクトメンバー(国民)はもうどうすればいいのか途方に暮れている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です