そのRT大丈夫?ネットいじめに加担する「善良な市民」たち

ごく平凡な学生が、ごく平凡な主婦が、ごく平凡なサラリーマンが、よかれと思って拡散しているその情報は本当に正しいのか、RTする前にちゃんと考えているのか疑問である。SNS全般に言えることだが、特にツイッターというのは、情報の正確性を保証していないメディアだ。情報の鮮度は新しく、拡散されるスピードは速い。だからこそ恐ろしいこともいっぱいある。ツイッター民がよく拡散している真偽不明のツイートを見ていこう。

◆個人情報晒し

つい数日前の話。「コミケでスリするゴミクズの住所と名前特定完了したでwww 住所、開示っ!w 名前:◯◯◯◯ 住所:◯◯◯◯ ネットの海で溺れて死ぬのはお前やで!(爆笑)」というツイートが拡散されたが、このツイートに記載されている人は全くの無関係の人物。にもかかわらず、この情報は瞬く間に拡散され、検索画面でも上位に登場。

img

このデマツイートをした凶悪犯も相当クズなのだが、そのデマツイートを真実だと思って拡散し、「私は善良な市民なのよ。こんなスリ野郎は晒されて当然なのよ」と思っているそこの主婦や学生やサラリーマンもクズの一員だと思う。そのツイートが正しいかどうか1ミリも考えず、情報に飛びつくアホさ加減。そして、犯罪者だろうがなんだろうが、個人情報を晒すことは犯罪だということに思考が行かない愚かさ。自分が善良な市民だと思っているから余計に質が悪い。

◆行方不明

犬や猫ならまだしも、友達が行方不明だとか、息子が行方不明だとか、さも重大事件かのようなツイートが溢れている。それが真実なのかどうかわからずにリツイートしている人はたくさんいるのではないだろうか。

fireshot-capture-52-%e8%a1%8c%e6%96%b9%e4%b8%8d%e6%98%8e%e3%81%a4%e3%81%b6%e3%82%84%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81-naver-%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81-https___matome-naver-jp_odai_21

出典:Naverまとめ

もちろん公的機関から出されている情報をベースとしているなら正しい情報なのだろう。しかし、本気で行方不明ならまず警察に行って至急捜索願いを出すでしょ。友人や知り合いに電話しまくり、彼や彼女が行きそうな場所を手当たり次第に探し回り、街の住民に聞き込みに回るでしょ。兎にも角にもツイッターなどでのんびり情報収集してる場合じゃないのである。

「行方不明だから、心配してRTしてあげた。私は善意だから悪くない」と思っているかもしれないが、真偽不明の行方不明者の情報に埋もれて、本当の行方不明事件がどれかわからなくなっているのは全部拡散している人間のせいなのである。出回っている情報の9割がウソだとすれば、拡散している人間は一部の悪徳アフィリエイターたちの懐を潤しているだけの大バカ者だと言える。

◆募金

募金とは、社会貢献という名のものとで一般市民からタダでお金をゲットできる手段である。だから悪徳業者が参入しやすい。個人レベルでも手軽に募金詐欺の商売ができる。そういう特性があるということを理解しているだろうか。息子(娘)が死にそうだから心臓移植が必要だ、というツイートに心を打たれてRTしたそのツイートは本当に正しいのか。せめてホームページやブログなどで活動の実態はあるのかを確認した上で拡散すべきなのに(立派なホームページでも募金詐欺は存在する)、たった140文字で判断して拡散してしまう愚かさを反省してほしい。そのせいで本当に募金されるべきところには募金されないのだから。

覚えているだろうか、熊本市立龍田中学校のことを。熊本地震にかこつけて、数多くの高額商品をせしめている。

熊本市立龍田中学校がAmazonの欲しいものリストで高級テレビや一眼レフを要求し炎上の経緯まとめ – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2146161633544934801

PTA会長がこの事件に深く関与している。学校の管理不足も責められるべき。だが、ここに寄付した市民も犯罪の片棒を担いているのだと自覚してほしい。寄付をするなら、日本赤十字社など管理体制が整っている限られた正規の団体にのみ寄付をするべき。学校ですら間違いを犯すのだから、特定の被災者に直接物品を支給してはいけないのである。

町中を歩いていると子どもたちがよく募金を集めるために大声を出しているが、それも怪しい。子供が頑張っているからと募金をしてしまう老人たちは、その募金を管理している団体がどのような団体で、収支報告をきちんと公表しているのかもろくに調べもせず、なんとなく自分は良いことをしたと思っているのかもしれない。そういった行為が犯罪者を作り出しているのだと自覚してほしい。子供のために募金した金の大半は、私腹を肥やしたい大人たちの懐に入っている。

自称「善良な市民」が、正しいかどうかもわからない情報を「善良な顔をして」拡散し、それが特定の個人を不幸に陥れていることもあるのだということに気づいてほしいと思う。拡散する前に、その情報が本当に正しいのかを検証し、判断する一手間を加えてほしい。正しいのかどうかわからないなら、そんな情報は拡散するべきじゃないんだよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です