「君が3分遅れたせいで、クラス全員の時間が無駄に」への幼稚な反論が続々と

2chまとめサイトの一つ「アルファルファモザイク」で、

『先生「君が3分遅れたせいで、このクラス40人いるんだから合計120分が無駄になったんだよ!?」』にどう返す?

というスレッドが話題になった。

どうやって先生をギャフンと言わせようか?という意味の問いかけから始まり、反抗期の中学生のような屁理屈のオンパレードになった。ちょっとおもしろかったので、発言の一例を見てみよう。


まずは、単なる感情論からスタートする。

時間通りに始めないでわざわざそれを言うために3分あなたが遅らせただけでしょ(笑)
2015/07/22(水) 23:08:46.575ID:bLCV/SNSM.net

てめえらの3分なんかブタ麺程の値打ちもねえよ
2015/07/22(水) 23:09:03.175ID:ZxMxADwFp.net


そして、時間を足すということが理解できないから屁理屈をこねるタイプが出てくる。

時間の概念すらわからないのによく教師になれましたね
あ、バカだから教師にしかなれなかったのか(笑)
2015/07/22(水) 23:09:04.626ID:K6f+Wep0r.net

時間は皆等しく同時に流れるものであり、和で考えるのは不適切である
2015/07/22(水) 23:09:53.009ID:tRCpLuEv0.net

時間が個別に動いているとでも?
2015/07/22(水) 23:10:51.295ID:mI7vDgeX0.net

え!カップラーメンは180人で1秒待てば出来るんですか!
2015/07/22(水) 23:11:31.400ID:XJxik2XD0.net

このカップラーメン理論(?)に賛同する者が続々と出てくる。

>>21
これいいななんか感心した
2015/07/22(水) 23:25:22.890ID:5GOk9keS0.net

>>21
ワロタ
2015/07/22(水) 23:38:39.343ID:Juqw9w4W0.net

>>21
凄い好き
2015/07/22(水) 23:49:04.174ID:zNf5oquj0.net

>>21
できらあ!
2015/07/22(水) 23:54:41.943ID:qGI6srGm0.net

他に思いつかなかったのか、遅刻行為と延長行為を同等に扱う苦しい抵抗も。

先生が3分授業延長するのと同じですよ
2015/07/22(水) 23:11:14.771ID:HjSHZjFh0.net

2015/07/22(水) 23:11:30.502ID:FPzs/IE9K.net
先生が説教しなけりゃもっと無駄を省けたと思います

そして徐々に正論が出てくる、という流れだ。

お前らさ
遅れた奴が悪いんだぞ?
素直に謝れよそして次から気をつけます
でいいじゃないか
2015/07/22(水) 23:48:59.091ID:jK1p/Mlj0.net

>>127
コレ
2015/07/22(水) 23:49:50.346ID:wfPTyLmrd.net

これらをどんな年齢層が書き込んでいるのだろうか。興味深いところだ。学生ももちろんいると思うが、20〜40代の社会人が大半を占めているのではないかと予想している。とすると、社会人にもなって反抗期の中学生のような発言をしているのはちょっと痛すぎるかな。

遅刻による機会損失としては、例えば会議のことを考えるとわかりやすい。

部長や課長など、この人がいないと会議を進められない、という人が3分遅刻したとする。すると、会議への出席者が40人くらいいたとすれば、40人×3分=120分の時間的ロスが生じる。

40人の出席者それぞれが、その3分という時間を各自の仕事に割り当てることによって、何らかの付加価値を生むことができたから。

40人がそれぞれ3分という時間を使って、何らかの仕事の成果を生み出すことができたとすれば、40人×3分=120分に相当する成果になったはずだ。

全員の業務能力が同一で、何のムダもなく業務を分担することができるすれば、1人で120分の作業をしたのと同じ成果を生み出せることになる。

ちなみに出席者1人が1時間あたりに生み出す価値を12,000円とすれば、120分=24,000円分の価値になる。

冒頭の先生がそこまで考えていたかわからないが、3分の遅刻の重みを伝えるために、クラス全員の時間的損失(機会損失)をわかりやすく数値化して表現したのはいいことだ。

そういった先生の意図を汲み取ろうともせず、ひたすら屁理屈をこねてフラストレーションを発散させようとするサラリーマンが上記のような書き込みをしている中にいるとすれば、きっとそのサラリーマンは仕事ができないだろうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です